2018年06月18日

【GMT講座3】psbasemap その1

では、さっそくGMTを始めましょう。

本家GMT wiki
http://gmt.soest.hawaii.edu/

チュートリアルを参考にすすめるのがいいと思います。
http://gmt.soest.hawaii.edu/doc/5.4.3/pdf/GMT_Tutorial.pdf

pdf版がダウンロードできます。

まずは、基本コマンドである
psbasemap
を試してみましょう。

GMTのバージョン5からは、
$ gmt psbasemap
のように
gmtというコマンドに続けて、入力します。

これだけ入力してリターンすると、

psbasemap1

となってエラーがたくさん出てきちゃいます。

GMTでは、コマンドに引き続いて、いくつかのオプションをつけなければいけません。
-J や -R と言ったものです。
他にも、出力される画像(ポストスクリプト形式のもの)も指定しないといけません。

tutorialでは、
$ gmt psbasemap -R10/70/-3/8 -JX4i/3i -Ba -B+glightred+t"My first plot" -P > GMT_tut_1.ps
となっているので、
入力すると GMT_tut_1.ps
というファイルができあがります。

psbasemap2

こんな感じ。
次回はこの説明で。




同じカテゴリー(GMT)の記事画像
GMT講座12】pscoast その4
【GMT講座11】pscoast その3
【GMT講座9】pscoast その1
【GMT講座8】psbasemap その6
【GMT講座6】psbasemap その4
【GMT講座5】psbasemap その3
同じカテゴリー(GMT)の記事
 GMT講座12】pscoast その4 (2018-07-16 21:16)
 【GMT講座11】pscoast その3 (2018-07-12 22:58)
 【GMT講座10】pscoast その2 (2018-07-11 21:48)
 【GMT講座9】pscoast その1 (2018-06-26 22:16)
 【GMT講座8】psbasemap その6 (2018-06-24 16:34)
 【GMT講座7】psbasemap その5 (2018-06-22 21:54)

Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 21:20│Comments(0)GMT
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。