2017年06月25日

わかやま路上観察学 無用扉

超芸術トマソンというものがありますが、
これらは和歌山でも散見されます。

都市の間で生まれる超芸術ですが、
見ようと思って探さないと、なかなか
見つけることができない面白いオブジェクトです。

トマソンには、いくつかのタイプに分類されますが、
今回は「無用扉・無用窓」と「原爆タイプ」を取り上げます。

1.無用扉と無用窓
建築物は基本的に壁と柱から構成されますが、
人間やモノの出入りのため、また、室内環境を
快適にするため、扉や窓といった開口部が設けられます。

その開口部を、なにかの理由で閉じたもの。
無用となった開口部がトマソンとして鑑賞できます。



2.原爆タイプ
都市には密接した建物が多数あります。
その隣の建物が、何かの理由で忽然となくなってしまうと、
隣の建物に現れるトマソンの一種。

在りし日の姿がしのばれれます。


  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 11:52Comments(0)わかやま路上観察学

2017年06月20日

第1弾 とある駅のベンチ

新シリーズの
『わかやま路上観察学』

和歌山の街で見つけた、美しいもの
面白いものをアップしていくシリーズ。

超芸術トマソンや、なにげないものを
見つけていきます。

評価は読者におまかせ。

第1弾
「とある駅で見つけたベンチ」

電線を架線するコンクリート柱の
ための気遣いと手仕事の丁寧さを感じる






  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 21:44Comments(0)わかやま路上観察学

2017年02月26日

2017初頭のウルトラブック比較

2017年初頭のモバイルノート(ウルトラブック)な
パソコンを比較検討中。
それなりのCPUパワーと、16GB、512GB(できれば1TB)のSSD
で、1.3キロくらいより軽くて、コンパクトな電源アダプターなのが
必要条件だとする。
お金を出せれば候補も増えるので、20万円以下くらいが候補。

1.MacBookPro 13インチ(タッチバーなし)
  メモリを16GB、SSDを512GBにカスタマイズして、
  179,800円(税別、学割適用)
  http://www.apple.com/jp_edu_1460/shop/buy-mac/macbook-pro?product=MLL42J/A&step=config#
  いまなら、8,500円分のApple Storeギフトカードのプレゼント付き。

  良い点
  ・英語キーボードが選べる。
  ・Retinaディスプレイになる。
  ・タッチバーなしモデルは、コスパは良好
  悪い点
  ・CPUがskylake。秋くらいに Kabylakeになるとも言われている。)
・type-C に対応した、SDカードリーダとHDMIソケットのアダプターを買う必要が
   自分の場合ある。
  

2.東芝 dynabook V82/B (東芝ダイレクトだと VZ72/B)
Core i7 7500U で8GBの512GBのSSD(Serial ATA)
214、000円(税別) (東芝ダイレクトの会員になると割引あり)
https://dynabook.com/2in1-mobile-notebook-tablet/v-series/v82b-2016-winter-model-onyx-metallic-12-5-inch-high-end-convertible-pv82bmp-nja.html

 良い点
 ・国内メーカーという点
 ・いま所有してるR632は、非常に良いPCだった
 ・ノングレアな画面で、タッチ対応
 ・CPUはKabylake
 ・HDMIもVGA接続も可能なアダプター付き(電源供給も可能)

 悪い点
 ・英語キーボードなし
 ・メモリ8GB設定なし
 ・SSDに1TB設定なし。
 ・ちょっとベゼル幅が大きめ

3.HP spectre x360(パフォーマンスモデル)
  CPUはCore i7 7500U、メモリは16GBで、1TBのSSD(NVMe接続)
  161,800円(税別、学割適用、電話申し込みの場合)
HPの学割サイト http://jp.ext.hp.com/campaign/personal/notebooks/2017student_pc_collection/
http://jp.ext.hp.com/directplus/personal/?jumpid=ps_74m86jxecn

 良い点
 ・CPUはKabylake
 ・16GBも1TBも満たす。しかも、NVMe接続
 ・コストパフォーマンつ高め
 ・2月28日までに申し込むと、Office Businessが無料

 悪い点
 ・やや重め(1.3kg)
 ・英語キーボードなし
 ・電源アダプターのコードが太め
 ・HPにやや悪い印象


他にもDELL(XPS13)とかLenovo(Carbon)なども候補にあがるかも。
隠し玉はXiaomiですが、一応、法的な問題もあるので。

spectrex360とXPS13との比較動画


spectre360とMacBookPro13との比較動画

  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 19:08Comments(0)スタッフ日記

2017年02月21日

Javaを使った有限体積法による数値計算(2)

第2回目では、さっそくソースをアップする。

今回は、有限体積法の教科書としては、詳しい解説と、例題の丁寧な
回答が掲載されている
数値流体力学 第2版
の例題6.2をコード化した。

定常の移流方程式を解いている。
この例題を解いてみたのは、これから解きたい浅水流方程式に
近い形であること。つまり、速度場と密度場が未知であり、
これらを求めるためにSIMPLEアルゴリズムを適用するものであるためである。
また、断面形状も一定でなく、変化しているところも
今後の応用性が高く、参考になると思う。

Javaについては、1か月程度の知識しかなく、
静的メソッドのみの使用と、mainメソッドにほとんどの必要な処理を書いた。
初めて作ったJavaコードなので、至らないところが多い。

勉強しながら、現在はクラス等を用いたコードに修正を加えている。
また、多次元配列の初期化については、
Arrays#fillメソッドの多次元版の一例
を利用させていただいた。

連立方程式の解法には、トーマス法を用いている。
格子には等間隔のスタッガード格子を採用している。
また、例題の解答を直接コーディング化ではなく、最後の方に触れられている
不足緩和も係数計算の際に、組み込んでいる。

格子の数や不足緩和の係数を、いろいろ試してみたり、
質量フラックスを計算したりしてみて、有限体積法の面白さを
感じることができると思う。

(注)コードの利用による損害等は一切責任を負いません。

/*
* 有限体積法の計算
* 数値流体力学(第2版)
*
* 2017/2/11
* KZ
*
*/

package FVM;

import java.util.Arrays;

public class FvmTest007 {

public static void main(String args[]){

int nn = 5; // 圧力ポイントの数
int it_max = 200; // 最大回数
int count = 0; // 計算回数の記憶用
double r_limit = 10e-5; // 残差の制限


double m_0 = 1.0; // 初期仮定の質量フラックス
double p_0 = 10.0; // 上流端の圧力
double rho = 1.0; // 密度
double alpha = 0.7; // 不足緩和の係数 (nn,alpha)=(10,0.7),(20,0.5)
double residual = 0.0; // 残差

//double[] A_p = {0.5 ,0.4 ,0.3 ,0.2 ,0.1}; //圧力ポイントの面積
double[] A_p = new double[nn];
for(int i=0; i < nn; i++){
A_p[i] = 0.5 - (0.5-0.1)/(nn-1) * i;
}
//double[] A_u = {0.45,0.35,0.25,0.15};
double[] A_u = new double[nn-1];
for(int i=0; i < nn-1; i++){
A_u[i] = ( A_p[i] + A_p[i+1] ) / 2.0;
}

double[] x_u = new double[nn-1]; // 速度場
double[] u_star = new double[nn-1]; // 補正後の速度
double[] u_old = new double[nn-1]; // 速度の古いもの保存(残差計算用)
//double[] x_p = new double[nn]; // 圧力場
//double[] x_p = {10.0, 7.5, 5.0, 2.5, 0.0}; // 圧力場と仮定初期値
double[] x_p = new double[nn];
for(int i = 0; i < nn; i++){
x_p[i] = 10.0 - (10.0 - 0.0)/(nn-1) * i;
}
double[] p_prime = new double[nn]; // 圧力の補正値
double[] p_star = new double[nn]; // 補正後の圧力
double[] d = new double[nn-1]; // 圧力補正のパラメータ

double u_in = 2.0; // 上流端の流速(境界条件)

//方程式の係数
double F_w = 0.0;
double F_e = 0.0;
double a_W = 0.0;
double a_E = 0.0;
double a_P = 0.0;
double S_u = 0.0;

double b_prime = 0.0;

//連立方程式の係数行列
double[][] matrixA = new double[nn-1][nn-1];
double[] matrixB = new double[nn-1];


double[][] matrixC = new double[nn][nn];
double[] matrixD = new double[nn];


//配列の初期値
Arrays.fill(x_u,0.0);
Arrays.fill(u_star, 0.0);
Arrays.fill(p_prime, 0.0);
Arrays.fill(p_star, 0.0);
Arrays.fill(d, 0.0);
ArraysfillEx.fill(matrixA, 0.0); //多次元配列の初期値
Arrays.fill(matrixB, 0.0);
ArraysfillEx.fill(matrixC, 0.0); //多次元配列の初期値
Arrays.fill(matrixD, 0.0);



//速度場の初期仮定の設定
for(int i = 0; i < nn-1 ; i++){
x_u[i] = m_0 / ( rho * A_u[i] );
}

System.out.println("x_u : "+Arrays.toString(x_u)); // 行列の標準出力
System.out.println("x_p : "+Arrays.toString(x_p)); // 行列の標準出力
System.out.println("A_u : "+Arrays.toString(A_u));
System.out.println("A_p : "+Arrays.toString(A_p));



//計算の開始
for(int it = 0; it < it_max ; it++){

System.out.println("Count : " + it);

// 速度の更新(残差計算用)
for(int i = 0; i < nn-1 ; i++){
u_old[i] = x_u[i];
}
residual = 0.0; // 残差の初期化


//運動量保存則 始まり
//速度の格子点//
//格子点 1(0)
u_in = x_u[0] * (A_u[0] / A_p[0]); System.out.println("u_in : " + u_in);
F_w = rho * u_in * A_p[0]; //System.out.println(F_w);
F_e = rho * (x_u[0] + x_u[1])/2 * A_p[1]; //System.out.println(F_e);

a_W = 0.0;
a_E = 0.0;
a_P = F_e + F_w * 0.5 * Math.pow((A_u[0]/A_p[0]),2.);


S_u = (x_p[0]-x_p[1])*A_u[0] + F_w*(A_u[0]/A_p[0])*x_u[0] + (1-alpha)*a_P/alpha * x_u[0];
a_P = a_P/alpha; //不足緩和

matrixA[0][0] = a_P;
matrixA[0][1] = -1.0 * a_E;

matrixB[0] = S_u;

d[0] = A_u[0]/ a_P * alpha;//不足緩和


//格子点 2,3(1 〜 nn-3)
for(int i=1 ; i < nn-2;i++){
F_w = rho * (x_u[i-1] + x_u[i])/2 * A_p[i];
F_e = rho * (x_u[i] + x_u[i+1])/2 * A_p[i+1];
a_W = Max(F_w,0.0);
a_E = Max(0.0, -1.0*F_e);
a_P = a_W + a_E + (F_e - F_w);

S_u = (x_p[i]-x_p[i+1])*A_u[i] + (1-alpha)*a_P/alpha * x_u[i];//不足緩和
a_P = a_P/alpha; //不足緩和

matrixA[i][i-1] = -1.0 * a_W;
matrixA[i][i] = a_P;
matrixA[i][i+1] = -1.0 * a_E;

matrixB[i] = S_u;

d[i] = A_u[i]/ a_P * alpha;
}


//格子点 4(nn-2)
F_w = rho * (x_u[nn-3] + x_u[nn-2])/2 * A_p[nn-2]; //System.out.println(F_w);
//F_e = rho * (x_u[nn-2] + x_u[1])/2 * A_p[1]; //System.out.println(F_e);
if(it == 0) {
F_e = m_0; // 最初の計算だけ 要検討!!!
}else{
F_e = rho * x_u[nn-2] * A_u[nn-2];
}

a_W = F_w;
a_E = 0.0;
a_P = a_W + a_E + (F_e - F_w);

S_u = (x_p[nn-2]- x_p[nn-1])*A_u[nn-2] + (1-alpha)*a_P/alpha * x_u[nn-2];
a_P = a_P/alpha; //不足緩和

matrixA[nn-2][nn-3] = -1.0 * a_W;
matrixA[nn-2][nn-2] = a_P;

matrixB[nn-2] = S_u;

d[nn-2] = A_u[nn-2]/ a_P * alpha;



//System.out.println("matA: "+Arrays.deepToString(matrixA));
//System.out.println("matB: "+Arrays.toString(matrixB));
//System.out.println(" d : "+Arrays.toString(d));

//連立方程式を解く

u_star = thomas(nn-1,matrixA,matrixB);

System.out.println("u_star: " + Arrays.toString(u_star));

//運動量保存則 終わり

//圧力の補正式 始まり
//圧力の格子点 1,A (0)
matrixC[0][0] = -1.0;

//圧力の格子点 2から4,A (1 - nn-2)
for(int i = 1; i < nn-1 ; i++){
a_W = rho * d[i-1] * A_u[i-1];
a_E = rho * d[i] * A_u[i];
F_w = rho * u_star[i-1] * A_u[i-1];
F_e = rho * u_star[i] * A_u[i];
a_P = a_W + a_E;
b_prime = F_w - F_e;

matrixC[i][i-1] = -1.0 * a_W;
matrixC[i][i] = a_P;
matrixC[i][i+1] = -1.0 * a_E;

matrixD[i] = b_prime;
}

//圧力の格子点 5,E (nn-1)
matrixC[nn-1][nn-1] = -1.0;


//System.out.println("matC: "+Arrays.deepToString(matrixC));
//System.out.println("matD: "+Arrays.toString(matrixD));

//連立方程式を解く
p_prime = thomas(nn,matrixC,matrixD);

System.out.println("p_prime: " + Arrays.toString(p_prime));

//圧力の補正式 終わり

//圧力の補正 始り
for(int i=0;i < nn;i++){
x_p[i] = x_p[i] + alpha * p_prime[i];
}
System.out.println("calculated x_p : " + Arrays.toString(x_p));
//圧力の補正 終わり

//速度の補正 始まり
for(int i=0;i < nn-1;i++){
x_u[i] = u_star[i] + d[i] * (p_prime[i] - p_prime[i+1]);
}
System.out.println("calculated x_u : " + Arrays.toString(x_u));
//速度の補正 終わり
//格子点Aの圧力の補正
x_p[0] = p_0 - 0.5 * rho * Math.pow(x_u[0], 2.0) * Math.pow(A_u[0]/A_p[0],2.0);
System.out.println("calculated2 x_p : " + Arrays.toString(x_p));
// 終わり

// 残差の計算
for(int i = 0; i < nn-1 ; i++){
residual += Math.pow(u_old[i]-x_u[i],2.0);
}
System.out.println("residual : " + residual);

if(residual < r_limit) {
count = it;
break;
}

}

System.out.println("¥n Count: " + count);
System.out.println("x_u : " + Arrays.toString(x_u));
System.out.println("x_p : " + Arrays.toString(x_p));
System.out.println("A_u : "+Arrays.toString(A_u));
System.out.println("A_p : "+Arrays.toString(A_p));



}



//以下、メソッド

//大きい数字を返す
public static double Max(double a,double b){
if(a>b){
return a;
} else {
return b;
}
}


//トーマス法
public static double[] thomas(int n,double[][] A,double[] B){

double[] x = new double[n];

double[] g = new double[n];
double[] s = new double[n];

//配列の初期値
Arrays.fill(x,0.0);
Arrays.fill(g, 0.0);
Arrays.fill(s, 0.0);

g[0] = A[0][0];
s[0] = B[0];

for(int i = 1 ; i < n ; i++){
s[i] = B[i] - A[i][i-1]*s[i-1]/g[i-1];
g[i] = A[i][i] - A[i][i-1]*A[i-1][i]/g[i-1];
}

x[n-1] = s[n-1]/g[n-1];

for(int i = n-2 ; i >= 0; i--){
x[i] = (s[i]-A[i][i+1]*x[i+1])/g[i];
}

return x;
}
}

  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 23:53Comments(0)気になる水理学

2017年02月18日

Latexをwindowsにインストール

windows7ノートに
Latexをインストールした。

Texインストーラ3を利用
http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~abenori/soft/abtexinst.html

参考にしたサイト
http://did2memo.net/2016/04/24/easy-latex-install-windows-10-2016-04/  

Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 21:28Comments(0)スタッフ日記

2017年02月16日

Javaを使った有限体積法による数値計算(1)

ここ数ヶ月、流体の数値計算の勉強を続けている。
2次元の河床変動プログラムを作るのが、当面の最終目標。

河床変動の計算の基礎式は、
1:流体の質量保存則(連続の式)
2;流体の運動量保存則(ナビエストークス方程式)
3;流砂の連続式
4;流砂量式
である。これら4つの方程式を解くことで
流れの場を一般的には求めることができる。

これらの式は複雑に絡み合い、特に2の運動量保存則は、
非線形の方程式(移流方程式)であり、一般に解析的に解くことが
できない。
そこで、数値計算が多用される。

数値計算においては、上記の方程式を離散化して、
解く方法がとられている。

その離散化の方法の違いにより、大きく
1: 格子法
2: 粒子法
に区別される
(他に個別要素法があるが、どう分類されるのかはまだ、勉強不足)

最近は2の粒子法も注目を集めているが、
計算範囲が大きい場合や、時間スケールを長くするには、
計算パワーが必要なことから、まだまだ一般的ではない。
粒子法については
粒子法入門 流体シミュレーションの基礎から並列計算と可視化まで C/C++ソースコード付
が詳しくて分かりやすい。

このため、一般には1の格子法が採用される。
格子法は、さらに、
A:差分法
B:有限体積法
C;有限要素法
などに分類される。

差分法は、微分方程式をテイラー展開を利用して離散化する。
また、有限要素法は、重み付きの関数を用いて離散化する。
(有限要素法も勉強不足)
一方で、有限体積法は、コントロールボリュームと呼ばれる
有限な体積の要素に積分することで、その収支を用いて離散化する。
有限体積法では、コントロールボリュームの質量収支等を考慮するので、
質量が保存されやすいという特があり、この点が他の計算方法との違いと
言われている。

連続体としての質量の保存を重視する流体力学の数値計算では、
有限体積法が人気を集めているようである。
他の工学分野(構造力学等)では、有限要素法が一般的なようである。

以上のような理由から、有限体積法を用いて、
数値計算(数値シミュレーション)を進めていくこととした。


なお、使用言語は、
Javaを使っていくことにする(途中で変更するかもしれない)
もともと数値計算でよく用いられているFortranも使っていたが、
Androidアプリ開発のため、Javaを勉強し始めたことと、
オブジェクト指向を理解するためにも、Javaをプログラミング言語として
学んでいくことは、今後に役立つと考えたためである。


有限体積法の勉強に用いた参考文献を以下に示す。








  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 21:07Comments(0)スタッフ日記気になる水理学

2016年12月12日

GMT5.3.1で陰影図や鳥瞰図を作る

GMT5.3.1を使い、国土地理院の基盤地図情報サービスの
10mメッシュのDEMから、地形の陰影図や鳥瞰図を作る。

まずはデータのダウンロード
http://www.gsi.go.jp/kiban/
(今回は紀伊半島の一部のデータを利用)

登録してダウンロードし解凍してできる
FG-GML-5035-37-dem10b-20161001.xml
を利用します。

GMTで扱えるgrd形式に変換する必要がある。
grd形式に変換するスクリプトを
産業技術研究所の野田さんが公開されているので
利用させていただく。ありがとうございます。
https://staff.aist.go.jp/a.noda/programs/jpgis2grd/jpgis2grd.html

このスクリプトを動かすとgrd形式に変換できるが
一部環境に合わせて変更する。
(commandを「gmt xyz2grd」とか出来上がるファイル名などの変数を)

$ perl jpgis2grd.pl
を実行
しかし、エラーで止まる。
途中のどこかに3列目の数値がないところがあるようだ。
(今回は 843751行目)

このスクリプトのglobal optionに
my $outfile2 = "out2.xyz"
を追記。

grdに変換するあたりを

print STDOUT "Making a grd file.\n";
# my $command="gmt xyz2grd $outfile -R$xmin/$xmax/$ymin/$ymax -I$xint/$yint -G$grdfile -N-9999 -Dlongitude/latitude/height/1/0/$opts{title}/$opts{remark} ";
my $command_sed="sed -e '843751d' $outfile > $outfile2";
my $command="gmt xyz2grd $outfile2 -R$xmin/$xmax/$ymin/$ymax -I$xint/$yint -G$grdfile -di-9999 -Dlongitude/latitude/height/1/0/$opts{title}/$opts{remark} ";
if ($opts{verbose}) { print STDERR "Running \"$command\"\n"; };
system("$command_sed");
system("$command");
system("gmt grdinfo $grdfile");

と一部修正。
(perlに詳しくないので、あんまりいいやり方ではなさそうですが)

再度、
$ perl jpgis2grd.pl -v -n
を実行
(実行状況や中間ファイルを残すのに -v -nオプションをつけた)

すると、out.grdファイルができるので
とりあえず、これを
FG-GML-5035-37-dem10b-20161001.grd
と名前を変更。

次はgmtで陰影図を描く
以下のスクリプトで
#!/bin/bash
#
# DEM10mメッシュのgrdファイルから陰影図を作る。
# 2016/12/12
#
# perl jpgis2grd.pl で出力される範囲をコピー
# xmin=135.87500000, xmax=136.00000000, ymin=33.58333333, ymax=33.66666667

grd_file=FG-GML-5035-37-dem10b-20161001.grd
shade_file=5035-37.shade
eps_file=5035-37_inei.eps
cpt_file=color.cpt
ctb=-1000/1000/50 #color table min/max/interval
region=135.875/136.00/33.5833333/33.6666667

gmt makecpt -Cglobe -T$ctb -Z > $cpt_file

gmt gmtset FORMAT_GEO_MAP D

gmt grdgradient $grd_file -A90 -G$shade_file -Ne0.6 -V
gmt grdimage $grd_file -R$region -JM15 -C$cpt_file -I$shade_file -X4 -Y4 -K > $eps_file
gmt psscale -D7.5/-1/12/0.3h -C$cpt_file -Ba200f100:"altitude(m)": -I -V -K -O >> $eps_file
gmt psbasemap -R$region -JM15 -Ba0.05f0.025g0.01 -O -V >> $eps_file

こんな図ができる



次は鳥瞰図
#!/bin/bash
#
# DEM10mメッシュのgrdファイルから陰影図を作る。
# 2016/12/12
#
# perl jpgis2grd.pl で出力される範囲をコピー
# xmin=135.87500000, xmax=136.00000000, ymin=33.58333333, ymax=33.66666667

grd_file=FG-GML-5035-37-dem10b-20161001.grd
shade_file=5035-37.shade
d3_file=5035-37_3d.eps
cpt_file=color.cpt
ctb=-1000/1000/50 #color table min/max/interval
region=135.875/136.00/33.5833333/33.6666667
boundary_cap=wSnEZ
gmt makecpt -Cglobe -T$ctb -Z > $cpt_file
gmt gmtset FORMAT_GEO_MAP D
gmt grdgradient $grd_file -A90 -G$shade_file -Ne0.6 -V
gmt grdview $grd_file -Jm130 -Jz0.002 -C$cpt_file -I$shade_file -p150/25 -Ba0.05f0.025g0.01 -Bza400 -B$boundary_cap -Qi300 -N0+ggray -V > $d3_file

を実行すると、鳥瞰図ができる。



角度とかは適宜設定する。

  
タグ :gmt5.3.1grdmac


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 15:55Comments(0)スタッフ日記

2016年12月09日

GMT5.3.1で矢印とか地図をかく

久しぶりに綺麗なグラフとかを描きたくて
GMTを触ってみた

バージョンが5に上がっていて、いろいろ
変わったところが多い。
インストールはubuntuの場合cmakeでしたり
するようになっていたり。

プログラミングもコマンドからモジュールという
概念に変わっているようだ。
例えば
gmt pscoast ほにゃらら
と入力する。

より日本語の情報が少ないので
できたことはアップしてみる。

今回は紀伊半島周辺の海岸線図に
県境と、距離スケールと方位を示す矢印を追記する。
矢印、というかベクトルを書くのに手間取った。

gmtのバージョン5以降は
インストールできているとして、
県境のデータをダウンロード。
こちらを参考に
http://www.geocities.jp/ne_o_t/otenki.htm

後は、観測地点なんかも記載できたらいいので、
std_name.dataと名付けたファイル
  NachiRiver 33.668 135.904
と、std_point.dataと名付けたファイル
  135.904 33.668 LM 0.0 12p,Helvetica,255/0/0 NachiRiver
を用意。

今回はmacで作業してるので、あんまりgmtのファイルが
どこにあるかわからないので、shareと名付けたファイルに
県境のデータ ken.txtを置いて、以下のようなシェルスクリプトを書いて実行。

#!/bin/bash
# kenzakai_wakayama.sh

rangeSW=134.5/136.5/33/35
scale=M10c
afg=a1f0.5g0
ruler=136/33.3/33.2/50k
pen1=0.6p,black #[width,color]
pen2=0.4p,50
g_color=200
s_color=255

point_data=stn_point.dat
name_data=stn_name.dat

fig=Wakayama.eps

gmt gmtset FORMAT_GEO_MAP +DF
gmt set MAP_VECTOR_SHAPE 0

gmt psbasemap -J$scale -R$rangeSW -B$afg -X3c -Y3c -P -V -K > $fig
gmt pscoast -J -R -B$afg -Lf145/30/35/500 -Dh -P -W$pen1 -G$g_color -S$s_color -L$ruler -V -O -K >> $fig
gmt psxy ../share/ken.txt -J -R -W$pen2 -O -K >> $fig
gmt psxy $point_data -i2,1 -J -R -Sc0.2c -G255/0/0 -V -O -K >> $fig #地点の位置
gmt pstext $name_data -J -R$rangeSW -D0.5/0 -F+j+a+f -O -K >> $fig #地点の名前 -Dはシフト

#方向矢印の記述
#矢印
gmt psxy -R -J -SV0.4+s+e+a45 -W1 -G0 -O -K << EOF >> $fig #片矢印
135,33.3,135,33.65 #始点、終点
EOF
#横棒
gmt psxy -R -J -SV0.5+s -W0.8 -G0 -O -K << EOF >> $fig #線分を引く
134.93,33.45,135.07,33.45 #始点、終点
EOF
#Nの文字
gmt pstext -R$rangeSW -J -D0/0.1 -F+j+a+f -O << EOF >> $fig
135 33.65 BC 0.0 12p,Helvetica,black N
EOF

#白抜きのpngの作成
#convert -density 100 test2.ps test2.png
# mogrify -trim -density 300 -bordercolor 'transparent' -border 10x10 -format png *.eps
#mogrify -trim -density 300x300 -transparent white -format png $fig


以上。
最後でコメントアウトしてるけど、
imagemagicを使って、白のところを透明にしたpngファイルも
作成できるようにしている。

こんな図ができると思う。(クリックして拡大)


ベクトルを書くのに、psxyの-SVオプションが結構戸惑った。
WANtaroHP (Programing on Mac)さん
http://kbtkt.web.fc2.com/sub_0_gmt5.html
を参考にさせてもらった。ありがとうございます。  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 00:08Comments(0)スタッフ日記

2016年12月07日

QGISで矢印を表現させる

礫の移動を表示するため
QGISに、
WKTのテキストデータを
レイヤー追加して、ラインを引いた。

矢印表示にできるように
ラインのプロパティを以下のように設定。



こんな感じです。(赤の矢印)


画像をクリックしたら、大きく表示されます。  
タグ :GISarrowlineWKT


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 20:38Comments(0)スタッフ日記

2016年12月06日

Mac mini Late2012のHDDをSSDに換装

3年ほど使ってるMac mini(Late2012)の
ハードディスクをSSDに交換してみました。
ずっと思ってたけど、ちょっと難しく思っていたので。

このために買ったのは、

と、
交換で出てくるHDDのための外付けケース

と、
ちょっと特殊なドライバーが必要だということで


SSDが値上がり気味ってことなので、
慌てて買いました。

件のMacmini

一年ほど前にメモリは8GBに交換済み。

裏返すと

黒い蓋をヒネって開ける。


購入したドライバーでビスを外して、
ごそごそとファンを外す。




金属の金網みたいものを外す。この時
wifiのアンテナ線も外します。


すると、黒いカバーに覆われたHDDが見える。
ごそごそと引き抜く。
自分のMacminiは、下側(ちゃんと置くと)にあったので、取りやすい方だった。
上側にあるものもあるらしい。そうなると、作業がさらに増えるみたい。



HDDについてる部品を外して、SSDに装着して、
手順を遡って、元に戻すだけ。


でも、wifiのアンテナの接続部分とか、
fanの電源端子が小さくて、つけるのは結構手間取った。
ピンセットがあると便利。

SSDには予めSierraを外付けのHDDケースを使って、
インストールおいたので、すぐに起動できた。
MacはOSを簡単にダウンロードして、外付け
のドライブにインストールできるのがすごいな。

この交換作業は色々ネットに情報があるので、
今更ですが。
Mac miniはLate2012に根強い人気があるらしい。  
タグ :macmini2012SSD


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 23:26Comments(0)スタッフ日記

2016年11月30日

防災ジオツアー

防災ジオツアーが
12月11日に開催されます。

時間は10時から15時30分の予定です。
お弁当とお茶代込みの1、300円です。

那智勝浦町にある、土砂災害啓発センターを出発して、
土砂災害の現場や砂防ダムの工事現場、
ジオサイトの「那智の滝」を巡るコースです。

申し込みは、和歌山大学災害科学教育研究センターまで。
bousai@center.wakayama-u.ac.jp

主催:和歌山大学災害科学教育研究センター、国土交通省近畿地方整備局

詳しくは、下記のフライヤーをご参照ください。
クリックすると大きく表示されます



  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 19:37Comments(0)イベント情報

2016年11月21日

水理学の勉強(1)

働き出して、水理学ってものが
あるのを知っても、なかなか良くわからなかったのですが、
昨年くらいから、腰を据えて勉強をはじめました。

初学者向けに、寒地土木研究所さんの
「現場の水理学」という貴重な資料があるのです。
http://river.ceri.go.jp/contents/tool/suirigaku.html

こちらに、不等流計算など初歩的なところから
のプログラムコードも掲載されています。
言語はfortranです。

でも、それをそのまま打ち込んでも、
動かなかったりしたので、
ほとんどそのままですが、
fortran90の勉強も兼ねて、自分で
ソースコードを作ってみました。

ということで、たまにそのコードを掲載させて
もらいたいと思います。
プログラミングにあたり、参考にした本は、

です。

演習問題3の1階のニュートン法によるもののソース

program newton
implicit none
integer i,j
integer,parameter ::nn=10
double precision q,n,ep,g
double precision aa,bb,cc
double precision fh,f1,dh,hhh
double precision d(nn),dl(nn),z(nn),b(nn),sh(nn),hh(nn)

d=(/ 0d0,500d0,1000d0,1200d0,1800d0,2100d0,2500d0,3000d0,3300d0,3800d0 /)
z=(/ 0d0,.5d0,.9d0,.8d0,2.0d0,2.3d0,3.0d0,3.0d0,3.5d0,4.0d0 /)
b=(/ 300d0,320d0,280d0,250d0,300d0,300d0,320d0,350d0,300d0,250d0 /)


do i=2,nn
dl(i)=d(i)-d(i-1)
enddo

q=1500d0
n=0.025d0
sh(1)=2.5d0
hh(1)=sh(1)+z(1)
ep=1d-3
g=9.8d0

do j=1,nn
if(j==1) then
write(*,*) j,d(j),dl(j),b(j),z(j),sh(j),hh(j)
cycle
endif

hhh=sh(j-1)

aa=q*q/(2*g*b(j)*b(j))
bb=-q*q*n*n*dl(j)/(2*b(j)*b(j))
cc=z(j)-(z(j-1)+sh(j-1)+q*q/(2*g*b(j-1)*b(j-1)*sh(j-1)*sh(j-1))+&
q*q*n*n*dl(j)/(2d0*b(j-1)*b(j-1)*sh(j-1)**(10d0/3d0)))

10fh=hhh+aa/(hhh**2d0)+bb/(hhh**(10d0/3d0))+cc
f1=1-2d0*aa/(hhh**3d0)-10d0*bb/(3d0*hhh**(13d0/3d0))
dh=-fh/f1
if(abs(fh) < ep ) then
sh(j)=hhh
hh(j)=sh(j)+z(j)
write(*,*) j,d(j),dl(j),b(j),z(j),sh(j),hh(j)
cycle
else
hhh=hhh+dh
goto 10
endif

enddo

end program newton  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 20:47Comments(0)気になる水理学

2016年11月16日

zenfone3 の購入

3年ぶりにスマホを買い替えました。
Nexus5からの買い替えで、
Asusのzenfone3(ZE520KL)
にしました。


電話はガラケーなので、
スマホはocnのモバイルワン(月約1000円コース)
の通信線専用です。
simフリー版しか興味ないところです。
microSDも入れたままなので、
DSDSにも興味はないです。

なるべくコスパがいいものをってことで
zenfone3がmotoGplusと悩みましたが、
後者は電子コンパスなしってことで諦めました。

並行輸入したら安いみたいですが、
あんまり文句を言うところがないのは嫌なので
適技の問題もあるかもしれないので、
NTTXstoreで購入。
同時に、モバイルoneも買い替えました。

いろいろレビューはあるので、そちらを見てもらったら
いいですが、
かなり満足です。
指紋認証もとてもスムーズです。

ただ、lightroomモバイルを使っての
raw撮影(dng撮影)は一応できますが、
カラーマップがだめらしくて、使い物になりません。

あと、android6でありながら、
マルチユーザー(マルチアカウント)が使えません。
これは結構いたかった。

でも、その他は、十分だと思います。

USBのtypeCなので、
変換コネクタ

保護フィルム

ケース

も買いました。



  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 22:07Comments(0)スタッフ日記

2016年11月14日

河川シミュレーションソフトiRIC

河川シュミレーションソフトのiRICを
ひさしぶりに動かしてみました。
http://i-ric.org/ja/

まだあまり慣れてないので、
河床変動も計算できるNays2DHソルバーを
チュートリアルで練習してみた。

ものの数時間で基本的なところは分かるみたい。
面白いですよ。

河の形を与えて、上流からの流量とかを
設定するだけ。





11月26日の和歌山サイエンスカフェはまだまだ
参加者募集中です!!

よろしくお願いします。
詳しくは以下のリンクを!
http://wscinfinity.ikora.tv/e1234831.html  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 21:48Comments(0)スタッフ日記

2016年10月10日

【募集開始】11月26日の和歌山サイエンスカフェ

日時:2016年11月26日(土)
   13:00受付
   13:30から15:00
ゲスト:宮本尚樹さん
    大阪府立大学理学系研究科 生物科学専攻
    生命化学分野 藤井郁雄研究室
    博士課程教育リーディングプログラム(SiMS)
    博士後期課程
場所:水辺座
    和歌山市元博労町53
定員:15名程度
申込:メールにて wsc.infinity@gmail.com
参加費:1000円
   (1ドリンク+1品)
   ドリンクメニュー
     アルコール:日本酒、ビール、果実酒(梅酒、柚子酒、桃酒)
     ソフトドリンク:伊藤園のみかんしぼり、はっさくしぼり
            (100%ピュアジュース。素材のそのままの
             甘さと美味しさが魅力)
主催:和歌山サイエンスカフェ インフィニティ

注意事項:運転される方、未成年者の飲酒はお断りします。


上の画像をクリックすると大きく表示されます。
  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 20:01Comments(0)サイエンスカフェ告知

2016年09月27日

QGISでWKT形式でラインを引く方法

QGISでラインを引くにはWKTという形で記述した
CSVファイルを用意するとよい。

こんな感じのファイル

ID WKT hoge
1 LINESTRING(-9634.725 -260090.329,-9634.715 -260090.363) hogehoge
2 LINESTRING(-9637.913 -260090.775,-9637.916 -260090.777) hogehogehoge

これを
「レイヤー」
「レイヤーの追加」
「デリミテッドテキストファイルの追加」
を選び、
WKT(Well Known Text)形式を選択する。  
タグ :GIS


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 21:27Comments(0)スタッフ日記

2016年09月08日

土壌雨量指数grib2形式の読み込みプログラム

気象庁が出している土壌雨量指数を
読み込むプログラムをC#の勉強を
兼ねて作ってみた。

全然、わからなかったので、
「ロケッこが行く」のブログ
http://blog.syo-ko.com/?eid=1228
を大変参考にさせてもらった。
ありがとうございます。

grib2形式のバイナリーファイルでできている。
データ部はランレングスという形で表現されていて
この読み方に結構時間を取られた。

ちなみに、気象庁が出している技術資料は
http://www.data.jma.go.jp/add/suishin/jyouhou/pdf/302.pdf
から取れる。
でも、タンクの数が違ったり、まだまだ謎が多い。
自分の理解不足か、よくわからない。

ちょっとづつC#の勉強しながらなので、
全然クラスの使い方とか、ファイルの読み込み方とか
統一とれてない上に、動作確認のためのコンソールへの
出力とかをコメントアウトのまま残してる。

ネットで検索すると、土壌雨量指数の読み込みプログラムが、
異常な値段で売られてたりするので、
少しでも役に立てればうれしい。

ただ、実行は自己責任でお願いします。

できたテキストファイルをRで描画すると
ある日の土壌雨量指数
それっぽいので、たぶんうまくいけてる。

で、ソースは以下のとおり。

using System;
using System.IO;

class DojoUryouANAL
{


static void Main()
{

int FileYear = 2011; //入力年の指定
int[] nMonth = new int[] { 31, 28, 31, 30, 31, 30, 31, 31, 30, 31, 30, 31 };
nMonth[2 - 1] = 28 + (1 / (FileYear % 4 + 1)) * (1 - 1 / (FileYear % 100 + 1)) + (1 / (FileYear % 400 + 1)); //2月のうるう年判別

int nCount = 0;
int FileMonth = 1;
int FileDay = 1;
int FileHour = 0;
int FileMinute = 0;
int FileSecond = 0;

string InputFile1 = "InputFiles¥¥Z__C_RJTD_";
string InputFIle2 = "_SRF_GPV_Gll5km_P-swi_ANAL_grib2.bin";

string[] InputFileNameList = new string[18000];

while (FileMonth < 13)
{
while (FileDay < nMonth[FileMonth - 1] + 1)
{
while (FileHour < 24)
{
for (int minIndex = 0; minIndex < 2; minIndex++)
{
if (minIndex == 0)
{
FileMinute = 0;
InputFileNameList[nCount] = InputFile1 + FileYear.ToString("D4") + FileMonth.ToString("D2") + FileDay.ToString("D2") + FileHour.ToString("D2") + FileMinute.ToString("D2") + FileSecond.ToString("D2") + InputFIle2;
//Console.WriteLine("InputFile = " + InputFileName);
// Console.WriteLine("Year={0},Month={1},Day={2},Hour={3},Minute={4},Second={5}", Year, Month, Day, Hour, Minute, Second);
nCount++;
}
else
{
FileMinute = 30;
InputFileNameList[nCount] = InputFile1 + FileYear.ToString("D4") + FileMonth.ToString("D2") + FileDay.ToString("D2") + FileHour.ToString("D2") + FileMinute.ToString("D2") + FileSecond.ToString("D2") + InputFIle2;
//Console.WriteLine("InputFile = " + InputFileName);
//Console.WriteLine("Year={0},Month={1},Day={2},Hour={3},Minute={4},Second={5}", Year, Month, Day, Hour, Minute, Second);
nCount++;
}
}
FileHour++;
}
FileHour = 0;
FileDay++;
}

FileDay = 1;

FileMonth++;

}


for (int sCount = 0; sCount < nCount; sCount++)
{

string InputFileName = InputFileNameList[sCount];
//string InputFileName = "Z__C_RJTD_20110903170000_SRF_GPV_Gll5km_P-swi_ANAL_grib2.bin";
//string OutputFileName = "output.txt";
string FileHeadS = InputFileName.Substring(11, 10);
string FileYearS = InputFileName.Substring(21, 4);
string FileMonthS = InputFileName.Substring(25, 2);
string FileDayS = InputFileName.Substring(27, 2);
string FileHourS = InputFileName.Substring(29, 2);
string FileMinuteS = InputFileName.Substring(31, 2);
string FileSecondS = InputFileName.Substring(33, 2);


//string OutputFileName = "Dojosisu_ANAL_" + FileYearS + FileMonthS + FileDayS + FileHourS + FileMinuteS + ".txt";
//Console.WriteLine("OutputFileName = " + OutputFileName);

FileStream dataIN; //入力データファイル
StreamWriter fstr_out; //出力データファイル

//ファイルの読み込み(はじめ)
try
{
dataIN = new FileStream(InputFileName, FileMode.Open, FileAccess.Read);
}
catch (IOException exc)
{
Console.WriteLine(exc.Message);
return;
}

int fileSize = (int)dataIN.Length; //オクテット数
byte[] rByte = new byte[fileSize]; //rByte 全オクテットの保持配列

Console.WriteLine("File Size: " + fileSize);

int readSize;
int remain = fileSize;
int bufPos = 0; //読み込み開始ポイント

while (remain > 0)
{
readSize = dataIN.Read(rByte, bufPos, Math.Min(1, remain));

bufPos += readSize;
remain -= readSize;
}
//ファイルの読み込み(終わり)


//ファイルを閉じる。
dataIN.Dispose();




//////解釈の始まり//////
//1〜4オクテット
// for (int i = 0;i < 4; i++){
// Console.Write((char)rByte[i]+",");
// }

//9〜16オクテット
// long rValue = ByteToInt(rByte, 8, 8);
long rValue = ByteToSingedInt(rByte, 8, 8);
Console.Write(rValue + ",");



Console.WriteLine();
Console.WriteLine("第1節");
//第1節1〜4オクテット ※節の長さ
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + 1 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue);
int lenFirstchp = (int)rValue;
//第1節5オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + 5 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);
//第1節6〜7オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + 6 - 1, 2);
Console.WriteLine(rValue);
//第1節13〜14オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + 13 - 1, 2);
Console.WriteLine(rValue);
//第1節15オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + 15 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);
//第1節16オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + 16 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);
//第1節17オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + 17 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);
//第1節18オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + 18 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);
//第1節19オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + 19 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);
//第1節20オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + 20 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);


Console.WriteLine();
Console.WriteLine("第3節");

//第3節1〜4オクテット ※節の長さ
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + 1 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue);
int lenThirdchp = (int)rValue;
//第3節5オクテット ※節番号
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + 5 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue);
//第3節31〜34オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + 31 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue);
//第3節35〜38オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + 35 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue);
//第3節47〜50オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + 47 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue / 1000000.0);
//第3節51〜54オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + 51 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue / 1000000.0);
//第3節56〜59オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + 56 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue / 1000000.0);
//第3節60〜63オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + 60 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue / 1000000.0);
//第3節64〜67オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + 64 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue / 1000000.0);
//第3節68〜71オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + 68 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue / 1000000.0);



int lenNow = 0;

for (int NumTank = 0; NumTank < 4; NumTank++)
{



Console.WriteLine();
Console.WriteLine("第4節");



//第4節1〜4オクテット ※節の長さ
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenNow + 1 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue);
int lenForthchp = (int)rValue;

//第4節5オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenNow + 5 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);

Console.WriteLine();
Console.WriteLine("第5節");

//第5節1〜4オクテット ※節の長さ
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenNow + 1 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue);
int lenFivechp = (int)rValue;

//第5節5オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenNow + 5 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);
//第5節6−9オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenNow + 6 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue);

//第5節10−11オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenNow + 10 - 1, 2);
Console.WriteLine(rValue);

//第5節12オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenNow + 12 - 1, 1);
Console.WriteLine("nbit: " + rValue);
int nbit = (int)rValue;

//第5節13−14オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenNow + 13 - 1, 2);
Console.WriteLine("maxv: " + rValue);
int maxv = (int)rValue;

//第5節15−16オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenNow + 15 - 1, 2);
Console.WriteLine("max_M: " + rValue);
int max_M = (int)rValue;

//第5節17オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenNow + 17 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);

int[] LevelValue = new int[max_M + 1];
for (int level = 1; level < max_M + 1; level++)
{
//第5節18−オクテット レベルの対応値
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenNow + 18 + (level - 1) * 2 - 1, 2);
LevelValue[level] = (int)rValue / 10;
Console.WriteLine("level: " + level + " Value: " + rValue);
Console.WriteLine("level: " + level + " LevelValue " + LevelValue[level]);
}
LevelValue[0] = 9999; ///欠測地

Console.WriteLine();
Console.WriteLine("第6節");


//第6節1−4オクテット ※節の長さ
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenFivechp + lenNow + 1 - 1, 4);
Console.WriteLine(rValue);
int lenSixchp = (int)rValue;

//第6節5オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenFivechp + lenNow + 5 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);
//第6節6オクテット
rValue = ByteToInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenFivechp + lenNow + 6 - 1, 1);
Console.WriteLine(rValue);


Console.WriteLine();
Console.WriteLine("第7節");


//第7節1−4オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenFivechp + lenSixchp + lenNow + 1 - 1, 4);
Console.WriteLine("length of this chapter: " + rValue);
int n_data = (int)rValue - 6 + 1;
int lenSevenchp = (int)rValue;

//第7節5オクテット
rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenFivechp + lenSixchp + lenNow + 5 - 1, 1);
Console.WriteLine("number of chapter: " + rValue);



//出力ファイル名の操作
string OutputFileName = "OutputFIles¥¥Dojosisu_ANAL_" + "TANK" + NumTank.ToString() + "_" + FileYearS + FileMonthS + FileDayS + FileHourS + FileMinuteS + "UTC.txt";
Console.WriteLine("OutputFileName = " + OutputFileName);


int j;
int p = -1, m = 1, n = 0, k = 0;
int v = 0;
int l = ipow(2, nbit) - 1 - maxv;

// n_data = 30;

try
{
fstr_out = new StreamWriter(OutputFileName); //土壌雨量指数の出力ファイル
}
catch (IOException exc)
{
Console.WriteLine(exc.Message);
return;
}

for (int iRun = 1; iRun < n_data + 1; iRun++)
{
// Console.WriteLine("iRun: " + iRun);

//第7節6−オクテット
// rValue = ByteToSingedInt(rByte, 16 + 21 + 72 + 58 + lenFivechp + 6 + iRun + 5 - 1, 1);
// Console.WriteLine("iRun: " + iRun + " Value: " + rValue);
// Console.WriteLine("iRun: " + iRun + " Value: " + rByte[16 + 21 + 72 + 58 + lenFivechp + 6 + iRun + 5 - 1]);
// Console.WriteLine("iRun: " + iRun + " Value: " + rByte[16 + 21 + 72 + 82 + lenFivechp + 6 + iRun + 5 - 1].ToString("X"));

v = (int)ByteToInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenForthchp + lenFivechp + lenSixchp + lenNow + iRun + 5 - 1, 1);
// Console.Write(v + ",");
if (v <= maxv)
{
if (p >= 0)
{
// Console.WriteLine(" ,m: " + m);

for (j = 0; j < m; j++)
{
k++;
// Console.Write(p+" , ");
try
{
fstr_out.Write(LevelValue[p] + " , ");
}
catch (IOException exc)
{
Console.WriteLine(exc.Message);
break;
}
}
// Console.WriteLine("p: " + p + " ,m: " + m );
p = v;
m = 1;
n = 0;
}
p = v;
m = 1;
n = 0;

}
else
{
m += ipow(l, n) * (v - maxv - 1);
// Console.WriteLine(ipow(l, n) * (v - maxv - 1)+","+m);
n++;
}

}

for (j = 0; j < m; j++)
{
k++;
if (k != 286720)
{
// Console.Write(p);
try
{
fstr_out.Write(LevelValue[p] + " , ");
}
catch (IOException exc)
{
Console.WriteLine(exc.Message);
break;
}
}
else
{
// Console.Write(p+" , ");
try
{
fstr_out.Write(LevelValue[p] + " ");
}
catch (IOException exc)
{
Console.WriteLine(exc.Message);
break;
}
}
}
Console.WriteLine("lenNow:" + lenNow);
lenNow += lenForthchp + lenFivechp + lenSixchp + lenSevenchp;
Console.WriteLine("lenNow:" + lenNow);
fstr_out.Close();
Console.WriteLine("k: " + k); //286,720=512x560

}

//第8節1−4オクテット ※-1
rValue = ByteToInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenNow + 0 - 1, 1);
Console.WriteLine("¥n -1");
Console.WriteLine("Message: " + rValue);


//第8節1−4オクテット ※1
rValue = ByteToInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenNow + 1 - 1, 1);
Console.WriteLine("¥nEighth Chapter 1");
Console.WriteLine("Message: " + rValue);

//第8節1−4オクテット ※2
rValue = ByteToInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenNow + 2 - 1, 1);
Console.WriteLine("¥nEighth Chapter 2");
Console.WriteLine("Message: " + rValue);

//第8節1−4オクテット ※3
rValue = ByteToInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenNow + 3 - 1, 1);
Console.WriteLine("¥nEighth Chapter 3");
Console.WriteLine("Message: " + rValue);

//第8節1−4オクテット ※4
rValue = ByteToInt(rByte, 16 + lenFirstchp + lenThirdchp + lenNow + 4 - 1, 1);
Console.WriteLine("¥nEighth Chapter 4");
Console.WriteLine("Message: " + rValue);

}
}
//Mainメソッド 終了


//整数の累乗を計算するメソッド
static int ipow(int i, int j)
{
int k, l;
for (k = 0, l = 1; k < j; k++) l *= i;
return (l);
}


//バイトを、整数に変換するメソッド
static long ByteToInt(byte[] source, int Start, int Length)
{
long rVal = 0;
int intB;
int intE = Start + Length;

for (intB = Start; intB < intE; intB++)
{
rVal *= 256;
rVal += Convert.ToInt64(source[intB]);

//Console.WriteLine("intB: " + intB + " ,souce: " + Convert.ToInt64(source[intB]) + " ,rval: " + rVal);
}

return rVal;

}


//バイトを、符号付き整数に変換するメソッド
static long ByteToSingedInt(byte[] source, int Start, int Length)
{
long rVal = 0;
int intB;
int intE = Start + Length;
bool bSng = true;

//先頭オクテットの確認
if ((source[Start] & 0x80) == 0x80)
{
// Console.WriteLine("負数である");
bSng = true;
source[Start] = (byte)(source[Start] & 0x7F);
}
else
{
bSng = false;
// Console.WriteLine("正数である");
}


for (intB = Start; intB < intE; intB++)
{
rVal *= 256;
rVal += Convert.ToInt64(source[intB]);

//Console.WriteLine("intB: " + intB + " ,souce: " + Convert.ToInt64(source[intB]) + " ,rval: " + rVal);

}

if (bSng == true)
{
rVal *= -1;
}

return rVal;

}


}

  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 20:31Comments(0)スタッフ日記

2016年08月26日

防災カフェ@和歌山県土砂災害啓発センター

和歌山県土砂災害啓発センター(和歌山県那智勝浦町市野々3027−6)
にて、
『ワダイノカフェ(防災カフェ)』が
開催されます。

日時:9月10日(土)14:00〜15:30
講師:本塚智貴(人と防災未来センター 研究員)

詳しくは
http://nankikumanogeo.jp/2016/08/23/2222/
をご参照ください。


  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 20:37Comments(0)イベント情報

2016年04月04日

「まいにちスペイン語」を定期購読始めてみた!



今日から「まいにちスペイン語」を
開始しました。NHKのラジオ講座です。

放送は朝の7時15分から30分
もしくはお昼の2時45分から3時です。

4年前に一度半年間聞いていましたが、
それっきりで、今度お世話になる研究室に
スペイン語圏の方がいらっしゃるってことで、
これはチャンスだと学び直すことにしました。

英語は、学校教育で読み書きから入りましたが、
スペイン語は、耳としゃべりで学習してみたいと思ってます。
スペイン語はなんだか陽気で、鬱な気分も吹っ飛び感じで
たのしいですよぉー!

学生時代はロシア語、ドイツ語もかじりましたが、中途半端だったので、
スペイン語を選んでみました。



kidle本だと、かなり安く手に入るみたいです。
  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 21:34Comments(0)スタッフ日記気になる本

2016年03月31日

社会人特別選抜制度で大学院進学

4月から京都大学大学院の博士後期課程に進学します。
社会人特別選抜制度というものがあり、
社会人をしながら、博士号取得に向けての
研究ができる制度です。これを活用しての進学です。

近年は、大学院、特にいわゆる博士課程に進学する
方が少なくなっているそうです。
一方で、社会人しながら、学位(博士号)取得したいと
いう方も増えてると思います。
そのような流れで、京都大学大学院も
このような制度を整備している研究科が増えているようです。

私は理学研究科で修士号を取得して、社会人になりました。
1年前から仕事で研究活動をしている一環で
農学研究科の博士後期課程に進学することを決意しました。

こういう道もあるんだな、と改めて思いつつ、
似たような境遇にある方に役立てればと、
そういう情報も追々提供できたらと思っています。

気になる入学試験ですが、農学研究科の場合、
試験は、英語と口頭試問のみでした。
英語は2時間で、英文和訳中心でした。
ある程度、英文が読めれば、それほど難しくは
ないと思います。


口頭試問では、
研究計画の概要と
修士時代の研究内容を聞かれました。


ちなみに、
授業料も、入学金も一般の国立大学生と同じです。
高いと考えるか、妥当と考えるのか、
それぞれだと思います。
久しぶりの研究生活を学びながら
楽しみたいと思ってます。


そのうち、サイエンスカフェででも、お会いできれば・・・  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 22:43Comments(1)京都大学大学院博士後期課程