2011年12月27日

次の次の準備で

今日は、えほんぐるぐるさんに寄らせていただきました。
コーヒーを注文して、カレー味のポップコーンも買って
おいしくいただきました。

目的は、椅子の数とか机の大きさの確認でした。
ついでに、ぐるぐるさんでの今後のイベントに
備えて、部屋の大きさも、測ることに・・・

僕が下手な計測をしようとすると、われわれサイエンスカフェの
先輩スタッフが、ちゃちゃと簡単に展開図を起こしてくれました。


今後は、これでスケッチアップで3Dにしてみます。
お正月休みの宿題です。  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 20:20Comments(0)スタッフ日記

2011年12月25日

次の次は1月28日(土)です。

次の次のサイエンスカフェの概要も固まってきました。

クリスマスなので、ちょっとご紹介。

次の次は1月28日(土)の予定です。
場所はみその商店街の「絵本ぐるぐる」さんです。

次の次のテーマは「ボタニカルアート体験」です!
ボタニカルアートって植物図のことらしいです。

ゲストは、田辺在住の画家「廣本直子」さんです。
廣本さんは、田辺のまちなかで古民家をアトリエにした
もじけハウス」というスペースを運営されています。
日々絵というブログもとても素敵です。
全日空の機内誌「翼の王国」にも絵が掲載されている
というすごいお方です。
われわれのサイエンスカフェにお招きして大丈夫か?という
くらい緊張しています。

廣本さんからのご提案で次の次のサイエンスカフェとなります。
田辺に縁の深い南方熊楠の植物図をお手本に、キノコなどの
ボタニカルアートを体験していただく企画です。
アートとサイエンスの融合というすごい楽しみなサイエンスカフェと
なりそうです。


田辺で絵画教室のときのご様子をいただいたので、小さめですが・・・ご参考に。

なお、会場の都合上、かなり募集する参加者は少なめになっちゃいます。
また、費用も画材代・会場費等(+ワンドリンクオーダー制)をご負担いただく
ので、すこし高めになってしまいますが、とても貴重な体験をしていただけると
考えています。

詳細が詰まれば、募集開始しますので、ぜひ、よろしくお願いします。  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 12:22Comments(0)スタッフ日記

2011年12月24日

1月20日のサイエンスカフェについて

タイトル:「素粒子論、超ひも理論、最先端の高エネルギー加速器実験から宇宙の観測まで。」

ゲスト:佐藤松夫さん
   (弘前大学教育学部 准教授)
   超ひも理論の完成に向けた研究をしています。

メッセージ:
 究極の物理法則をめざす超ひも理論、素粒子論について数式を用いず
 直感的に話します。それに関わる最先端の実験、観測についても話します。
 ニュー トリノの速さが光速を超える?と報告されたOPERA実験についても触れます。

場所:文具とカフェの店「スイッチ」
日時:1月20日(金) 19:00~

参加費:200円+1ドリンクオーダー制(合計700円程度)
対象:中学生~一般
定員:20名程度

申込方法:予約制
 メールにてwsc.infinity@gmail.com
もしくは
Facebookページのお問い合わせフォームで。

問い合わせ先:
和歌山サイエンスカフェ「インフィニティ」
e-mail:wsc.infinity@gmail.com

  

Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 22:06Comments(0)サイエンスカフェ告知

2011年12月20日

宇宙カフェ

 昨日は、フォルテワジマ6階にある和歌山大学まちかどサテライトで行われた宇宙カフェに行ってきました。
 ナビゲーターは和歌山サイエンスカフェの第2回でゲストをしていただいた中串先生です。
 テーマは、あなたはどの惑星探査計画を仕分ける?~「惑星への夢」の適正価格~というお題で実際に先生が研究されている分野について話題提供をしていただき、みんなでお茶お飲みながら議論をすると言った形式のものでした。先生の軽快でわかりやすい話題提供のあと参加者さんの熱い議論を見せていただき、有意義な時間を過ごさせてもらいました。
 冒頭で、先生のルール説明が有り、「講演会ではありません。」、「私と皆さんが、対等に話す場です。」、「私も「わからない」と言います。」、の下りを聴いたときは第2回のサイエンスカフェを思い出し、初心にかえって身が引き締まる思いがしました。

カフェ形式はいいですね!

 また、先生たちのグループが作ったはやぶさの楽曲がyoutubeにUPされているそうなで、今度ゆっくりと聞いてみようと思います。

  

Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 00:54Comments(0)スタッフ日記

2011年12月19日

ニュートンとビール

ちょっとした理由で引っ越しの準備をしていたら、
押し入れから懐かしい瓶が出てきました。




京都のバーで飲んでるときに注文して、思わず瓶を
持ち帰ってきたものです。
調べてみると、ニュートンの万有引力の法則の発見300年を
記念したベルギービールだそうです。

青リンゴの果汁が入っているので飲みやすかったです。

このビールを提供して、お酒を飲みながら、ニュートン力学を
アテにしたサイエンスカフェしてみたいな!  

Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 18:34Comments(0)スタッフ日記

2011年12月18日

わかやま城下町バル大忘年会

17日の夜は、「わかやま城下町バル」の大忘年会が
開催されました。

単なる忘年会に止まらず、勉強も兼ねて、
滋賀県守山市の石上さん、和歌山大学の足立教授、
さらには、田辺・海南・有田のまちづくりに熱心な
方々も参加していただけました。

会場はたくさんの人が溢れて、熱心に情報交換が
交わされました。
和歌山県内の横のネットワークがこうしてできている場
はすごく珍しいと感じました。



ここから新しい動きが出るといいな。

わかやま城下町バルも、次の展開に向けて動き出しました。
もうすぐ公になると思いますので、お楽しみに!  

Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 21:39Comments(0)スタッフ日記

2011年12月13日

次回は1月20日です!(チラシは作製中・・・)

タイトル:「素粒子論、超ひも理論、最先端の高エネルギー加速器実験から宇宙の観測まで。」

ゲスト:佐藤松夫さん
   (弘前大学教育学部 准教授)
   超ひも理論の完成に向けた研究をしています。

メッセージ:
 究極の物理法則をめざす超ひも理論、素粒子論について数式を用いず
 直感的に話します。それに関わる最先端の実験、観測についても話します。
 ニュー トリノの速さが光速を超える?と報告されたOPERA実験についても触れます。

場所:文具とカフェの店「スイッチ」
日時:1月20日(金) 19:00~

参加費:200円+1ドリンクオーダー制(合計700円程度)
対象:中学生~一般
定員:20名程度

申込方法:予約制
 メールにてwsc.infinity@gmail.com
もしくは
Facebookページのお問い合わせフォームで。

問い合わせ先:
和歌山サイエンスカフェ「インフィニティ」
e-mail:wsc.infinity@gmail.com
  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 22:42Comments(0)サイエンスカフェ告知

2011年12月12日

黄道光(こうどうこう)って?

先日、皆既月食観望会の際にお訪ねした
「みさと天文台」のプラネタリムで、
スバル天文台の隣で魚眼レンジにて撮影した
連続画像の解説で、「コウドウコウ」という言葉が
出てきました。

すごーく観測条件の整ったときにしか見られない、
うっすらとした光の帯だそうです。

地球から見て太陽が通る黄道というところに現れるものらしい。
だから漢字は「黄道光」です。

wikipediaによると、地球軌道付近のある塵が太陽の光を
反射して光っているそうです。
いまいち漠然としていて、どこにあるんだろう?と疑問です。
もう少し調べて見たいですね。
それに、肉眼でぜひ見てみたい!
  
タグ :天文学


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 18:34Comments(0)スタッフ日記

2011年12月11日

月見うどん@みさと天文台

皆既月食を見るために、みさと天文台に行ってきました。

やや厚めの雲があったので、無理かと覚悟を決めつつ
行ってきました。
着くと観望会が開かれていて、望遠鏡の見学をさせて
いただきました。


いつも望遠鏡の大きさと、優美な姿に魅了されます。

初めてみさと天文台のプラネタリウムも体験できました。
ハワイにある「すばる望遠鏡」のとなりで、一晩かけて魚眼レンズを
使って、みさと天文台のみなさんが撮影した連続画像は
とても素敵でした。圧巻の夜空です。
めちゃオススメです!!!

その後、再度、月食の解説を聞きましたが、豊増主任研究員の
いつも通りのトークも快調でした。
前の方で拝聴していたのですが、振り返ると立ち見が出る勢いで
人がたくさんいました。200人は軽くいらっしゃいました。

外は3℃くらいの寒さで、月食が始まる時間は、まだまだ
厚い雲の覆われていました。
そこで、みさと天文台友の会のみなさまがご準備された
オリジナル「月見うどん」(300円)を堪能しました。
あったかくてとてもおいしかったです。
地球の影を模した丸い海苔や雲を表したとろろ昆布など
工夫がたくさんです!







なかなか雲が切れなさそうだったので、11時くらいから下山してきました。
途中、野上のあたりで、車を止めて見上げたら、
雲間から赤い満月が。これが皆既月食か!と感動しました。
まさに天体ショーですね。

帰路では何度も車を止めながら、和歌山市内の和歌浦にある和歌公園でも
少しづつ光を取り戻しだした、月を眺めました。
隣のオリオン座は、小三つ星が見えるくらい澄んだ空でした。


みさと天文台での観望会は、インターネット放送局「WSTV」でも
中継されていました。



盛りだくさんの一夜になりました。  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 01:28Comments(0)スタッフ日記

2011年12月10日

メール送信フォームの設置

ある方から、gmailへの送信に支障があり、
先日のサイエンスカフェへのお申し込みが、難しかったと
お話をいただきました。

解決になるか分かりませんが、
Facebookページの方に
メール送信フォームを設置しました。
左側の「お問い合わせ」をクリックしていただけると
幸いです。

よろしくお願いします。
(いいね!の方も)  

Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 09:21Comments(0)スタッフ日記

2011年12月08日

皆既月食特別観望会@みさと天文台

12月10日の夜は、皆既月食です!

みさと天文台さんのサイトを覗いても、
条件は最高だそうです。
みさと天文台では、皆既月食特別観望会を
実施されるそうです!
http://www.obs.jp/

なんとか行きたいなぁ

  

Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 23:30Comments(0)イベント情報

2011年12月07日

動物サイエンスカフェ@スイッチ 終了!

久しぶりのサイエンスカフェも無事終了。
今回はスイッチさんで開催させていただきました。

ゲストは、わかやまフレンZOOガイドの「後藤千晴」さん
をお招きしました。

テーマは「動物の動物の世界が白黒ってウソ!?
       ~動物と色の不思議な関係」
ということで、後藤さんが動物看護士の経験もあり、
「動物のお医者さんの助手」というタイトルでお話いただきました。

後藤さんは和歌山大学のまちかどサテライト地域連携コーディネーターも
されており、宇宙カフェのコーディネートもされています。
サイエンスカフェの経験も豊富で、トークもとても楽しかったです。

今回は「動物は色が見えるのか?」という参加者への
質問から始まりました。
参加者からは「うちの犬は皿の色を見分けていた」とか
「最近の動物は栄養状態がいいから、色が見分けられる」など
の解答を引き出された後、
そもそも色とはどういうものか、さらにはそれを受け取る動物側の
機能についてお話いただきました。

そして、実際に動物が色を見分けているのかを実験する方法を
解説していただき、実験データも見せてくれました。

そういう観点から、犬が見ているケーキはこんな感じという
画像はとても面白かったです。

犬は、色の感度が人間よりは低いみたいですが、
動物毎にその感度は異なるそうです。
自分たちが想像する以上にカラフルな世界を
生きているのかもしれませんね。



おやつはスイッチさんが、今回のテーマに合わせた
バージョンを用意していただきました。
とってもおいしかったです!


定員を上回る方に参加いただきありがとうございました。
  

Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 23:42Comments(0)サイエンスカフェ実施リポート

2011年12月06日

和歌山大学の宇宙カフェ@12月19日

和歌山大学の宇宙カフェ、次回は12月19日だそうです。
http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2011/11/12.php

ナビゲーターは、中串准教授。

和歌山サイエンスカフェにも、以前ゲストでお呼びしました。
気象予報士もお持ちで、惑星の大気を特に研究されていると
伺いました。

今回は、惑星探査計画についての話題のようです。

予定に組み込んでます。


明日の和歌山サイエンスカフェもおかげさまで、
定員に達しました。
お申し込みいただいたみなさまよろしくお願いします。  


Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 23:22Comments(0)イベント情報

2011年12月05日

12月10日は皆既月食

今年最後の和歌山サイエンスカフェも明後日の7日に
近づいてきました。
http://www1.ocn.ne.jp/~meteo/wsc_infinity2/

この日には、次回・次々回のサイエンスカフェの
ご案内もできたらいいな、と鋭意努力しています。


12月10日は皆既月食がありますね。
晴れれば、和歌山でもいい観測条件がそろう
そうです。
この日は、和歌山市内のフォルテワジマで
「おもしろ科学まつり」も開催されます。
http://www.kagaku-wakayama.com/omoshiro2011/

ロボット教室のお手伝いに行きたかったのですが、
別件で行けなくなりそうです。
もう、参加者は予約でいっぱいだそうです。
すごいですね!
  

Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 21:10Comments(0)スタッフ日記

2011年12月03日

海南まちなか映像祭

午後から、和歌山市の景観シンポジウムと、
海南市で行われている海南まちなか映像祭の上映会
に参加してきました。

景観シンポジウムでは、わかやま城下町バルの実行員会事務局長を
された西さんも登壇されました。
他も建築物や遺構に関するお話も聞くことができ、勉強に
なりました。



映像祭の上映会は浄国寺というお寺の本堂で、映像を見る企画
でした。立派なお堂の中で、映画を見るのはすごく新鮮な経験でした。
映画もいい作品でした。森田恵子監督のトークも聞け、竹スピーカーも
音がきれいでした。とてもいい雰囲気の中映画を楽しめました。

  

Posted by 和歌山サイエンスカフェインフィニティ at 22:27Comments(0)スタッフ日記